よなごらいふ

日々読んだ本。日本史・世界史。潰瘍性大腸炎。

警察官が家に来ました。

f:id:tomaruyonago:20150608063251j:plain

警察が来た。

日曜日のお昼に近所の駐在所の警察官と言う方が来ました。

犯罪に巻き込まれたとかではなくて、

家族構成や家族の生年月日や勤務先などを

聞いてまわっているらしいです。

 

全て話してしまう。

家族の生年月日と仕事先など、ぺらぺら全部答えてしまいました。

その警察官の人は住所録みたいなものに、

家族の名前、住所、生年月日、全部書いていらっしゃいました。

個人情報満載ですね。

 

 

後悔と不安

本当に全部答えて良かったのか、不安になってしまいました。

警察手帳とか見せてもらわなかったから、警察官じゃなかったらどうしましょう。

個人情報はきちんと管理しているのでしょうか。

 

巡回カード

ネットで調べたら巡回連絡カードというものを調べて回っているらしいです。

巡回連絡カードとは、警察が一般家庭に配布し、任意で名前や家族構成、生年月日などを記入してもらう

 

ものです。

住民の安全や防犯に活用するもので、大きな災害や事件などの非常時に家族への連絡に役立てています。

個人データは、交番や駐在所に保管されています。

 

そしてググったらこんな事件が、

巡回カード悪用で誘拐未遂 元警察官に有罪判決

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150605/k10010104551000.html

怖いです。良い人もいれば、悪い人もいます。

悪い人が一定数いると考えたうえでの、仕組みづくりが大切だと思いました。

巡回カードの仕組みはどうすれば、1番良いのでしょうか。

今のままで大丈夫か、それとも。

 

さきほどいらっしゃった警察の人が

良い人であることを祈ります。

 

yonagolife.hatenablog.com

yonagolife.hatenablog.com