読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなごらいふ

潰瘍性大腸炎。子育て。社会人の勉強。ライフスタイル。鳥取マガジン編集長とまるのメモ帳。

腸を大切にすれば、人生うまくいきそうな気がしてきた。腸の本をたくさん読む。「腸の健康法」第1回

健康になる方法 潰瘍性大腸炎 本・雑誌の感想 腸の健康

f:id:tomaruyonago:20150614175741j:plain

僕は腸の病気です。そのため苦労をしてきました。

真面目に腸について勉強して、健康な日々を送りたいです。

大腸健康評論家になるぐらいに、腸について勉強します。

 

「脳と腸をよくする30の習慣」松生恒夫

を読みました。

スポンサーリンク

 

腸とセロトニン

腸はセロトニンを放出する機能がある。

セロトニンはいま話題ですよね。

こころを安定させ、バランスを取っている物質です。

腸を大切にすれば、こころまで安定するというわけですね。

 

脳と腸は相関関係にある。脳は腸からできた。

 

腸もストレスを受ける

4大ストレスとは

1、偏食ストレス(偏食、過食)

2、低温ストレス(10度以上の寒暖差。エアコンの弊害)

3、過緊張ストレス

4、生活習慣ストレス

 

免疫の60%が関与する腸

全身にあるリンパ球の60%を支配しているのが腸。リンパ球とは、抗体を作ったり、感染した細胞を除去したりする、免疫機能の要となる細胞であり、抗体全体の60%が腸管で作らているのです。

これでいかに腸を大切にしないといけないかわかります。

 

腸の元気に欠かせないポイント食材

いくつか挙げると、

「植物性乳酸菌」

漬け物やキムチ、みそ、醤油などの発酵食品に多く含まれる植物性乳酸菌は、胃酸で死滅せず生きたまま腸まで届き、善玉菌優勢の腸内環境に整える。また、精神的なストレスをやわらげ、不安や抑うつ症状を改善する効果がある。

 

ビタミンC

パプリカやブロッコリーなどの野菜や、レモン、イチゴなどの果物に多く含まれるビタミンCは、抗酸化作用によって腸内に発生した活性酸素を除去し、免疫機能をアップさせる。

 

オリゴ糖

はちみつやバナナ、タマネギなどに含まれるオリゴ糖は、分解されないまま大腸に届き、ビフィズス菌のエサになり、腸内環境をよくする。手軽にオリゴ糖を摂取するため、オリゴ糖甘味料を毎日の食生活に取り入れるのもおすすめ。

私はオリゴ糖は毎日とっています。

乳酸菌はヨーグルトではなくて、漬け物などの乳酸菌。

 

yonagolife.hatenablog.com

スポンサーリンク

 

その他気をつけること(冷え、リラックス、運動)

「冷え」が腸のはたらきを低下させる。冷えない工夫。

ストレスをためない、リラックスできる工夫をする。(音楽、アロマ、入浴)

ウォーキングなど軽い運動をする。

 

まとめ

腸を元気にする食材は、ブログに書いた以外にもたくさんあります。

今回は松池恒夫さんの「脳と腸をよくする30の習慣」を読んでのまとめです。

 

脳と腸をよくする30の習慣
松生 恒夫
宝島社
売り上げランキング: 295,355