読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなごらいふ

潰瘍性大腸炎。子育て。社会人の勉強。ライフスタイル。鳥取マガジン編集長とまるのメモ帳。

東京から引っ越してきた僕が書く、鳥取県米子市の良いところ。

米子・鳥取県

f:id:tomaruyonago:20150702225710j:plain

山遊びと海遊び。

海と山が近い。

米子は日本海と中海と2つの海に囲まれた町です。海が近いので海をすぐ見ることができます。夏は海水浴場もあるので泳ぐこともできます。また気分転換に日本海を眺めるのはとても素敵です。僕は皆生温泉の付近で散歩したり、弓ケ浜展望台の付近をよく散歩します。眺めもよく、素敵な場所がたくさんあります。

ここは米子でないですが、鳥取県が第一位になっています。

 

山は大山(だいせん)という立派な山が近くにあります。標高約1729メートル。古くから山岳信仰で栄えた山です。避暑地にもなっており、遊ぶ所やキャンプ場などあります。冬やスキーやスノボーもできます。米子から車で30~40分くらいで行けます。またいくつもコースがあります。実力や気分に合わせて行く場所を変えれるほど、スノボやスキーができる場所がたくさんあります。去年の冬には、何度か滑りました。米子にいれば朝行って夕方まで滑って帰ることができます。しかもけっこう空いている日が多かったです。海と立派な山がこんなに近い町はあまりないのではないでしょうか。海遊び山遊びどちらも手軽にできます。

 

水がおいしい。

水のおいしさランキング全国3位。

に選ばれるほどです。米子市水道局では、その地下水を、井戸でくみ上げて、水道水に利用しているので浄水場が必要ないそうです。

 

魚がおいしい。

近隣の町境港は有名な漁港です。おいしい魚がたくさんとれます。初夏はマグロ。冬はカニ。だけでなくどんな魚もおいしくて安いです。近くに漁港がある幸せです。

 

コンビニスーパードラックストア洋服屋さんなど程よく店がある。

米子市の人口は約15万人ですので、コンビニやスーパーなどが程よくあります。飲食店や洋服の店もありますので、都会の人がイメージしている完全な田舎ではありません。通常暮らして行くのに丁度よいサイズ感の町だと思います。日用品以外はアマゾンなどで買えますが、日用品は近くのお店で買う必要があります。コンビニやスーパーがないと、日々の暮らしが大変になってしまいます。自給自足的な生活や手間をかけるのが好きな人以外は、近くにお店があった方がいいですよね。

 

病院が多い。

米子には鳥取大学医学部があり、医療の町です。大学があるので、それに伴って病院もたくさんあります。人口比のお医者さんの数が多いです。小児科のお医者さんも多いので子育てにもおすすめの町です。

 

子育てがしやすい。

都会に住んでいると、どこかに出かけるのも大変ですが、米子は適度に自然があり、適度に習い事もできる所もあります。上記に書いた通り病院もたくさんあります。子どもが遊びに勉強に楽しめる町です。だから出生率も比較的高い町です。

 

野菜がおいしい。

僕の同級生は農家をしています。米子は商業の町と言われていますが、農業も盛んな町です。JAのお店に行けば地域で育てた野菜を安く買うことができます。僕の家でも野菜を育てています。トマト、きゅうり、なすなど自分で育てた野菜はおいしいですよ。

 

ダラズFMがある。

米子には地域の方が聞けるラジオ今日ダラズFMがあります。地域密着で楽しいラジオ番組がありますので、ぜひ聞いてみてください。月曜日16時から僕もおしゃべりしています。

 

僕は東京と横浜に15年くらい住んでいました。それぞれの場所はそれぞれの場所で良いところがありますが、今住んでいる鳥取県米子市もとても良いところです。ぜひいらしてください。

yonagolife.hatenablog.com

yonagolife.hatenablog.com

yonagolife.hatenablog.com