よなごらいふ

潰瘍性大腸炎。子育て。社会人の勉強。ライフスタイル。鳥取マガジン編集長とまるのメモ帳。

今日から親切な人になります

「親切」は驚くほど体にいいという本を図書館で借りて読みました。

脳のしくみからいえば、「幸せになる方法」はふたつあります。ひとつは「目標達成」や「夢の実現」によってえられる幸せで、これにはドーパミンと呼ばれる神経物質が関係しています。~中略~もうひとつが、「親切」や「ふれあい」によって得られる幸せです。「親切なことをするとストレスが消え、健康になる」

親切行為を数えるだけで幸福感が増すことがわかった~中略~他者への親切行為を毎日ノートに記録して、回数と内容を把握する作業を1週間行ってもらいました。~中略~幸福度が高まっていたのです。

人に親切にすると、~中略~ オキシトンやセロトニンなどの脳内物質が放出されます。これらの物質は気分の改善に役立ち、前向きで楽観的な心理状態をもたらします。p27-28

親切を続けるだけで、「気分よく毎日を過ごせる頭」ができていくp28

人が楽しそうなときは、脳が同調して自分もたのしくなります。p50

 あらら、親切なことや良いことをすると、幸福度が高まる。単純なことですが、そうなんですね。本当に情けは人のためならずなんですね。

スポンサーリンク

 

ストレスがスーッと消える「慈悲の瞑想」

ストレスが消える瞑想方法があるんですね。呼吸のゆっくりとして、息を吐くのがポイントのようです。そして良いことを自分だけでなく、大切な人のことも思う。

・椅子にゆっかり腰かけ、呼吸に意識を集中します。ゆっくりと、規則正しい呼吸を心がけましょう。

・大切な人を思い浮かべ、その人が健康になり、苦しみから解放されるよう、心から祈ります。

・「あなたが健康になりますように。あなたが幸せになりますように。あなたに安らぎが訪れますように」と声に出してとなえてもいいでしょう

・自分のことも忘れてはいけません。同じように祈り、唱えましょう。

 

僕の病気、潰瘍性大腸炎にも効く

「炎症性サイトカイン」という物質のひとつであるインターロイキン6が、瞑想をすると低下する。迷走神経の活動レベルが高いと、日常のさまざまなストレスや重圧に対処しやすい。共感能力を高めれば迷走神経のはたらきがよくなる。「炎症性サイトカインが過剰につくられるのを防ぐために、あらゆる臓器につながっている迷走神経が関わっている。

迷走神経を活性化させる方法。

瞑想、ヨガ、祈り、太極拳、情けの心を持つ

スポンサーリンク

 

オキシトシン

という物質は炎症を抑える働きがある。ストレスを退治してくれる。おおらかな気持ちになる。

オキシトシンを増やす生活

1、親切をする

2、感動する

3、感情を表に出す

4、マッサージを受ける

5、愛する人と支え合う。スキンシップをとる

6、ハグをする

7、ペットをなでる

「親切」は驚くほど体にいい!
デイビッド・ハミルトン
飛鳥新社
売り上げランキング: 255,171