よなごらいふ

潰瘍性大腸炎。子育て。社会人の勉強。ライフスタイル。鳥取マガジン編集長とまるのメモ帳。

死んだ後にほめる人

ダイノジ 大谷ノブ彦さんの言葉

ぼくは、なるべく褒めてあげたい。「これ面白くなかった」って言うよりも、「ここは面白かった」にしてあげたいなと。後輩とかにご飯奢ったら、絶対つくった人に対して「おいしかったです!」って一言いえって。ぼくはうざいヤツだと思われてもいいから、一言必ずいえって。本当においしかったときだけでもいいから、ちゃんと口にだして言えと。

有名な人が死ぬと、Twitterなどで、生前の功績をたたえた文章がたくさん出回る。それはそれでよいと思うけど、僕はその人が生きているうちにツイートしたいなあ。良いと思ったとき、好きだと思ったときにそのことを表したいなあと。そんなことを思っていた。そんな時にこの大谷さんのお話を見た。ダイノジの大谷さんは良いことを言うなあと思う。人にほめられて不快に思う人よりも、うれしいと思う方が多いはずだから、どんどん人をほめたいなあと思う。ほめるというか良いと思ったときは良いって言うことにしよう。

スポンサーリンク

 

もひとつ。

リコメンダーという人達がアメリカでは大活躍していて、みんなおしなべてとにかく愛情が強い。もう熱量ですよ。ぼくが一番ナイと思っていた熱い人が、世界ではめちゃめちゃアリだったと聞いたときに「面白いなぁ」と思ったんですよね。

これ読んだとき、やっぱり熱量が大切だなあ。熱いということが恥ずかしいと思われがちだけど、熱さを大切にした生き方がしたいと思いました。人に笑われるかもしれないし、バカにされることもあるだろうけど、熱量を持って仕事をしたいなあ。

ダイノジ大谷ノブ彦の 俺のROCK LIFE!
大谷 ノブ彦
シンコーミュージック
売り上げランキング: 258,069

スポンサーリンク