読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなごらいふ

潰瘍性大腸炎。子育て。社会人の勉強。ライフスタイル。鳥取マガジン編集長とまるのメモ帳。

「学力」の経済学 ランキング1位に納得の一冊。

「学力」の経済学を読みました。

教育の分野で異例のベストセラーになっているそうです。それも納得の本でした。

「学力」の経済学
「学力」の経済学
posted with amazlet at 15.08.27
中室 牧子
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015-06-18)
売り上げランキング: 2

多くの教育関係の本を読んでみて、思ったことがそのままこの本に書かれていました。少し引用します。

教育評論家や子育ての専門家と呼ばれる人〜中略〜その主張の多くは、彼らの教育者としての個人的な経験に基づいているため、科学的な根拠がなく、それゆえに「なぜその主張が正しいのか」という説明が十分になされていないからです。p3 

スポンサーリンク

 

有名な教育にたずさわっている人や有名な塾の偉い人が多くの本を出していますが、納得できることも納得できないことも、どちらも説明が十分されていないように思います。「分かるけどそれはあなたがそうだったからで、僕はそうじゃないし、他の子も違うよ。」って思うことがたくさんあります。もちろん本書「教育の経済学」に書かれている事例が全ての子どもにあてはまるわけではありませんが、本書に書かれている事例は統計的に優位である結果であることは間違いないです。

物事を科学的にみる、経済学的にみることはみんなやっていることですが、こと教育になるとそうでなくなってしまうのは、教育が神聖なものあると思い込んでいることと、日本人のほぼ全てがなにかしらの教育をうけてきたので、それぞれ思い入れがあるからでしょう。

この本を読めば、教育経済学がどんなもので、自分にどう役に立つのかが、分かります。子育てをしている人はぜひ読むべき一冊です。

スポンサーリンク