よなごらいふ

日々読んだ本。日本史・世界史。潰瘍性大腸炎。

「かくかくしかじか」の感想(ネタバレなし)2015年マンガ大賞受賞作

かくかくしかじか 1
かくかくしかじか 1
posted with amazlet at 15.09.30
東村 アキコ
集英社
売り上げランキング: 519

多くの人が若い頃を振り返ると痛い経験があるらしい。僕も恥ずかしい学生時代を送っていた(今もだけど)。あの頃を思い出すと、恥ずかしくて失踪したくなる。

「かくかくしかじか」というマンガを読んだ。この本は作者東村アキコさんの自伝的マンガだ。

スポンサーリンク

 

自伝マンガの傑作と言えば藤子不二雄の「まんが道 」だ。どんな時に読んでもパワーをくれる名作だ。最近では島本和彦の「アオイホノオ 」はドラマ化してヒットしている。このマンガの熱量もすごい。あと忘れてはいけないのが自伝と言えば水木しげる。自伝的作品は数多くだしているけど「完全版水木しげる伝」がまとまっていて良いと思う。などなど傑作はたくさんある。僕の中でこの傑作自伝的マンガの仲間入りしたのが今回読んだ「かくかくしかじか」だ。

若いときに限らずに、その全ての今を生きる当事者は無我夢中だ。よほどできた人でないと、今いる状態を常に俯瞰して生きる事は難しい。失敗、成功、後悔。一生懸命生きた人は(東村さんは亡くなってないけど)今を生きる僕に感動を与えてくれる。そして面白い。笑えて、泣ける。

スポンサーリンク

 

作者は絵の先生に出会う。その先生が素晴らしい。その先生はとにかく絵を「描け」っていう先生で、竹刀をもってスパルタ指導をする。実際会った人は、ちょっと困ってしまうかもしれないほど、強烈な個性を持った先生。その生き方の姿勢はまっすぐで、一本筋が通っていて、気持ちが良い。憧れてしまう。そんな純粋な人になりたい。何かを達成しようと思ったら、とにかく口を動かさずに手を動かすしかない。それは仕事でも、スポーツでも、勉強でも、他の事でもなんでもそうだろう。当然のことだけどもあらためて言われて、頑張ろうって素直に思いました。

まんが道 (1) (中公文庫―コミック版)
藤子 不二雄A
中央公論新社
売り上げランキング: 38,346
アオイホノオ 14 (少年サンデーコミックススペシャル)
島本 和彦
小学館 (2015-07-10)
売り上げランキング: 3,412
完全版水木しげる伝(上) (講談社漫画文庫)
水木 しげる
講談社
売り上げランキング: 32,736

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村