読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなごらいふ

潰瘍性大腸炎。子育て。社会人の勉強。ライフスタイル。鳥取マガジン編集長とまるのメモ帳。

UCCのドリップポッドとは?

日記

10月1日は「コーヒーの日」だったらしい。全日本コーヒー協会はこの日を「コーヒーの日」と提唱している。

そして、国際コーヒー機関の決定より、今年からは「国際コーヒーの日」になる。

スポンサーリンク

 

コーヒー好きな人は多い。僕もコーヒーを毎日必ず2〜3杯は飲む。最近は特にこだわりがある訳ではなく缶コーヒーを飲んだり、コンビニコーヒーを飲んだりしている。それでも前はコーヒー豆を買って、家で挽いて飲んでいた。豆から挽くという行為はただコーヒーを飲むための作業というだけではなく、自分の生活を主体的なものにしようとする気持ちが入っていたように思う。

 

今は簡単においしいコーヒーが手に入る。

UCCがこんなサービスを始めていた。

ドリップポッドと言って密封パックに入っているポッドを、専用のコーヒーマシンにセットして、ボタンを押すと手軽にコーヒーを淹れることができる。

コーヒー豆に応じて抽出モードを選択し、湯量、蒸らし条件、抽出速度をそれぞれに合わせてコーヒーを作る事ができる。

コーヒーを淹れる時に大切なことである。適温のお湯を淹れる事。この機械では適温に湧かしてくれるので、とても便利だ。

毎月いろんな国のコーヒーが届くので、味比べができる。

UCCのものがあったなんて知らなかった。UCCブランドなら安心できる。

 

有名なのがネスカフェのこのコーヒーマシン。

ネスカフェは会社に置くとお得になる。ネスカフェはポッドでなく、カプセルと呼ばれるものになる。他にもカートリッジ形式のものもあり、それはカプセルよりもお得だ。またティーマシンが日本茶、中国茶、紅茶、フレーバーティーも飲む事ができる。

最近ネスカフェのこのコーヒーマシンをいろんなところで良くみる。先日友だちの家で飲んだが、かなりおいしかった。

近所の公民館にも置いてあり1番ポピュラーなコーヒーマシーンだ

 

コーヒーマシンは合理的

おいしいコーヒーをいれる時に大切なのは、豆の鮮度だ。ポッドやカプセル形式だと、豆の酸化を気にしないでいいからとても良い。しかも厳選されたコーヒー豆が毎月定期的に届けられ、スイッチ一つでコーヒーを淹れられるのはとても便利だ。

 

コーヒー豆は生ものだから、きちんとしたお店で選ぶことが、美味しいコーヒーを飲むためには大切だ。近所にあればよいが、なければ通販を選ぶのもおすすめ。下記に有名な焙煎の通販店のリンクをはる。

ROKUMEI COFFEE CO.

CARAVAN COFFEE

土居珈琲

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

yonagolife.hatenablog.com

 

yonagolife.hatenablog.com

yonagolife.hatenablog.com