よなごらいふ

日々読んだ本。日本史・世界史。潰瘍性大腸炎。

ビタミンCをとるべき5つの理由。老化防止と健康。

ビタミンCをとるべき5つの理由。

ビタミンCを大量にとって、病気を治すという方法があると聞いたことがあります。

有名ブロガーがそのことを記事にしていて、ビタミンCとはどんなものか気になっていました。

そこでビタミンCについて調べてみました。

f:id:tomaruyonago:20151112092100j:plain

1、抗酸化作用

ビタミンCのはたらきの一つは、抗酸化作用があることです。

体内に発生した活性酵素はからだにダメージを与えます。

そして身体に酸化ストレスがかかります。

ビタミンCの持つ抗酸化作用が、この酸化ストレスを撃退してくれます

スポンサーリンク

 

2、活性酵素の除去

ビタミンCは、腸内に発生した活性酵素を除去して、腸内環境を整えます。

活性酵素は老化の原因と言われており、その活性酵素を除去するはたらきがあるのが、ビタミンCです。

腸内環境がよくなれば、腸の免疫機能もアップして、感染症などにかかりにくくなります。

活性酵素が除去されることによって、がんの予防にもつながります。

運動の前後にとると良い

f:id:tomaruyonago:20151112092126j:plain

激しい運動のあとや、紫外線を多く浴びたとき、

からだは酸化ストレスを取り除くために、多くのビタミンCを消費します。

そのため運動する前やした後に、ビタミンCをとると良いです。

また風邪をひいたときなども、体内に大量の活性酵素が発生するのでビタミンCをとる必要があります。

3、腸の運動を活発にする。

ビタミンCは、腸内で分解される際、ガスを発生させます。これによって腸の蠕動運動を、活発にする効果もあります。

起床後、コップ1杯の水と一緒にビタミンCをとれば、ぜん動運動が促進されて、朝の排便に効果を発揮します。

きちんとした排便はダイエットにもつながります。

スポンサーリンク

 

4、こころも整える

ビタミンCは、からだがアドレナリンという物質を作る際に必要です。

アドレナリンは、ストレスを感じたときに分泌されるホルモンの一種で、強いストレスを感じているときほど、脳もからだもアドレナリンを必要とします。

ストレスをため込んでしまうと、脳にも腸にもダメージを与えるので、ストレスを感じたら、ビタミンCを多めに摂取してください。

5、多めにとっても大丈夫。

なお、ビタミンCは過剰に摂取しても尿中に排出されますので、多めにとったからと言って心配する必要はありません。

ビタミンCを多く含む食材

パプリカ

芽キャベツ

ブロッコリー

カリフラワー

ゴーヤ

レモン

イチゴ

キウイフルーツ

アセロラジュース

まとめ

ビタミンCは、安く売っているので、あまり懐が痛みません。

また、たくさん摂取しても体内から排出されるだけなので、とりすぎる心配がありません。

この2つだけでも試してみる価値があるなあと思います。

様々な効果もある(腸にも良い)し、気軽にできる健康法です。 

ネイチャーメイド C500 200粒
大塚製薬
売り上げランキング: 284

yonagolife.hatenablog.com

yonagolife.hatenablog.com

yonagolife.hatenablog.com