よなごらいふ

潰瘍性大腸炎。子育て。社会人の勉強。ライフスタイル。鳥取マガジン編集長とまるのメモ帳。

「あなたは半年前に食べたものでできている」を読んで考えたこと。

あなたは半年前に食べたものでできている

 

 
村山 彩
サンマーク出版
売り上げランキング: 30,903

この本は題名が全てを表していると思います。

細胞をつくっているのは、食べ物です。自分が食べたもの以外に、自分の体をつくる材料になるものはありません。 

当たり前のことですけど、ああそうなんだって思いますよね。

日頃の生活がの積み重ねが大切。

今、口にするものをきちんとしようと思いました。

そして

「正しい食欲」のセンサーを取り戻せば、  〜中略〜   健康な体になり、自分が持つ本来の力や能力が発揮できるようになります。

正しい食欲のセンサーを取り戻せば、健康になれる。

ではどうすれば良いか。

正しい食欲センサーを取り戻すには、

2つの大切なことがあって、それは、、、、。

 

1、自分がなにを食べているか意識する。

意識するだけでも、違うそうです。

できれば食べたもの飲んだもの全てを記録すると意識できる。

 

これは日々の積み重ねを大切にする行為です。

意識することだけで、食べるものは変わってくると思います。

 

2、20分の、汗をかくくらいの運動をする。

運動。

できればランニング。最初は早歩きでも良い。

著者はトライアスロンをされているので、

運動の大切さを強く述べられています。

 

僕も運動をすることの大切さはよく分かります。

ランニングができているときは、心も体も健康です。

 

あとは大切だと思ったところは、

  • 運動で失った栄養素を補う食事をとる。
  • 食事は一汁三菜。
  • 食べ過ぎたら1週間単位で取り戻す。
  • フルーツはきっちりとる。固定費として考える。

 

著者の村山彩さんは、運動の大切さを繰り返し言っておられます。

難しいことも、変なものを食べろとかじゃなくて、運動しなさいと言うことです。

すごく簡単だけど難しい。

 

当たり前のことだけど、大切なことを気づかせてくれた本でした。

 

関連記事

yonagolife.hatenablog.com

yonagolife.hatenablog.com

yonagolife.hatenablog.com