高く本を積む

日々読んだ本。社会人の勉強(日本史・世界史・経済学)潰瘍性大腸炎。

「お金の稼ぎ方」松浦弥太郎が30年前に2万3000ドル稼いだ話

松浦弥太郎が30年前に2万3000ドル稼いだ話 ご機嫌な習慣 (単行本) posted with ヨメレバ 松浦 弥太郎 中央公論新社 2018-02-21 Amazon Kindle 楽天ブックス 僕は松浦弥太郎の本をよく読む。2018年発売の新しいエッセイ集が出ていたので、読んでみた。 その中…

小さな習慣という本。限りなく小さい目標を毎日。

小さな習慣という本。限りなく小さい目標を毎日。 今日は子どものスイミングスクールの日。もう3年は通っている。 最初は泣いた。 泣く我が子を見て「親のエゴで連れてきているのは間違いない。すぐやめよう。」と思った。 それがしばらくすると泣き止み、…

今、僕が潰瘍性大腸炎の治療で飲んでいる薬・サプリメント

今、僕が潰瘍性大腸炎の治療で飲んでいる薬・サプリメント 潰瘍性大腸炎になって10年以上経つ。一時期は体調を崩して、何度か入院することもあったが、今は小康状態を保っている。 自分の潰瘍性大腸炎についてはこちらに書いた。 僕は難病。潰瘍性大腸炎とは…

美しい距離、悪意がないものは、ただ通過させればいい。

美しい距離 posted with ヨメレバ 山崎 ナオコーラ 文藝春秋 2016-07-11 Amazon Kindle 楽天ブックス 山崎ナオコーラの「美しい距離」という本が良かった。 妻を看取った男の心情をていねいに書いた良作だ。 夫の心の変化、日常と死、それらを淡々と綴られて…

東京の雪とマイケルルイスの「かくて行動経済学は生まれり」

遠く離れている鳥取に住んでいるのにも関わらず、東京にたくさん雪が降ると、わくわくする。 それは雪で都民のテンション上がった様子を見るのが好きだから。Twitterなどで、都民の騒ぐ様子や次々とできる雪だるまを見たりしてにやにやしている。 高クオリテ…

質の高い睡眠のため5つのポイント

スタンフォード式 最高の睡眠 posted with ヨメレバ 西野精治 サンマーク出版 2017-02-28 Amazon Kindle 楽天ブックス たくさん寝ている方だと思う。たくさん寝ても、昼間眠くなる。もしかすると睡眠の質が悪いかもしれない。 「スタンフォード式 最高の睡眠…

社会人の疲れ目対策 グッズ、目薬、意識の向け方

簡単にできる疲れ目対策 僕は子どもの時から目が悪く、コンタクトレンズは高校生の時からずっと使用している。 特に大きな目の病気になったことはないのだが、最近よく目が疲れて、ドライアイになっているように感じる。 「疲れ目対策」と検索するといろいろ…

おまめ戦隊のパントのお姉さんが好きだ

「おかあさんといっしょ」の歌の『おまめ戦隊ビビンビーン』が話題だ! おまめ戦隊のりさお姉さん描いた~~~!!りさお姉さんの素晴らしさを伝えきれなくてもどかしい…!!一回見たらもう忘れられないおまめ戦隊…ありがとうおかいつ… #おかあさんといっし…

正論くそ野郎になりそうなとき

日本の200年[新版] 上―― 徳川時代から現代まで posted with ヨメレバ アンドルー・ゴードン みすず書房 2013-04-11 Amazon Kindle 楽天ブックス 「日本の200年[新版] 上―― 徳川時代から現代まで」という本は、アメリカ人が書いた日本の近代史の本だ。これが…

おすすめの名作エッセイ10 気軽に読めるけど奥が深い。

今日は星野源のエッセイ「いのちの車窓から」を読んだ。エッセイっていいものだな。最近読んでなかったので、またいろいろ読みたくなった。今回は僕のおすすめする名作エッセイを紹介する。どれも古典になるような作品だ。手軽に読めるけど、奥が深い作品を…