よなごらいふ

潰瘍性大腸炎。子育て。社会人の勉強。ライフスタイル。鳥取マガジン編集長とまるのメモ帳。

社会人がレベル1から経済学を勉強する方法。

社会人がレベル1から経済学を勉強する方法

 

僕は経済学部だった。今また経済学を勉強し直そうとしている。大学を卒業して10年以上経ち、改めて経済学を学ぼうと思ったのは、歴史の本を読んだからだ。

 

下記リンクにあるような歴史の本を読んで、次は経済をもう一度学び直そうと思った。国の盛者必衰は経済が深く関係している。力=経済。それはもう間違いない。歴史を学んだ人は経済を学ぶと面白いと思う。逆に経済を知っている人が歴史を学べばより深く歴史が理解できるのではないか。

 

続きを読む

親が「小学生の勉強方法」を学ぶために読む本。

親が「小学生の勉強方法」を学ぶために読む本。

f:id:tomaruyonago:20170128112001j:plain

親こそ勉強

 

子どもの発達は人それぞれだ。早い子どももいれば、そうでない子どももいる。

 

算数についても、4年生の時はできなかったことが、6年生になれば4年生の算数がよく分かる子もいる。当たり前のことかと思うかもしれないが、それで良いと思う。人生は長い。4年生の時に4年生の勉強をマスターしなくてもよい。

 

学校の授業スピードは個人個人に合わすことはできないので、一人一人にあった勉強ができるのは基本的には親だけだ。ということは親が学べば、子どもだって、よりよい生活を過ごすことができる。そう信じて、親こそ勉強したい。

 

社会人の勉強法シリーズはこちら↓

yonagolife.hatenablog.com

 

続きを読む

リアルダ。潰瘍性大腸炎の新薬レポート。

リアルダ。潰瘍性大腸炎の新薬レポート。

f:id:tomaruyonago:20170119110406j:plain

2016年11月発売された潰瘍性大腸炎の薬「リアルダ」を処方してもらった。

 

スポンサーリンク 

 

続きを読む

社会人がレベル1から心身を整えるために読む本。

「心身を整え、暮しを整える」

f:id:tomaruyonago:20160924111513j:plain

 

 「心身を整え、暮しを整える」

 

これはいつか見た雑誌に書いてあった言葉だ。気に入ったのでメモしていたのを、今朝見つけた。言葉が逆でも良いと思ったけど、「暮しを整え、心身を整える」。これだと僕のココロに響かないと思った。やっぱり「心身を整え、暮しを整える」方が良い。心身が先にあることに意味がある。さすが雑誌の中の人。

 

というわけで心身を整えたいと思っている。社会人にとって、心身を整えることはとても重要だ。モチベーションを維持しなければならない。人生は続いて行く。

 

ココロも身体も健やかになるために読んだ本を紹介する。たくさん読んだので、ためになったものだけ紹介する。

 

社会人のための「心身を整え、暮しを整える」ための本。

 

続きを読む

潰瘍性大腸炎の人が飲む薬。メサラジン(5-ASA)「ペンタサ」「アサコール」「サラゾピリン」免疫調整剤「イムラン」「ロイケリン」

潰瘍性大腸炎の人が飲む薬。

f:id:tomaruyonago:20161222123539j:plain

 

潰瘍性大腸炎の人の薬はどんな薬を飲むのか調べてみた。自分の体験も含めて書いてみたので参考にして欲しい。

続きを読む